前へ
次へ

業者はいろいろな運営母体がある

葬式を行うとき、必ずしも業者に依頼する必要はありません。
すべて自分たちだけで行うことも可能です。
しかし現実には難しいことも多いです。
故人の遺体をどうやって運ぶのか、火葬までどうやって安置するのか、葬式の流れをどうするか、会場をどうするか、僧侶をどうするかなど色々しないといけないことがあります。
業者に依頼すれば、多くのことを代行してくれます。
遺族が行うことといえば喪主を出し、一定の手続きをするぐらいになります。
病気闘病の末に故人が亡くなられたとすれば、遺族もかなり体力を消耗しています。
式で負担にならないよう業者がサポートしてくれます。
この時どうやって業者を選べばよいかです。
葬儀業者は特に国や地方公共団体から免許を受けなくても行えます。
つまりは誰でも行えます。
そのため、運営母体がはっきりしない業者もあります。
大きなお金が動く世界なので、必ずしも安心できる業者ばかりではありません。
日頃から信用して安心して利用できる業者選びをしておくと良いでしょう。

Page Top