前へ
次へ

通夜振る舞いに参加するべきかどうかについて

地域のしきたりなどによる違いもありますが、通夜が終わったあとには、参列者に食事が振る舞われる事があります。
これわ通夜振る舞いと呼び、故人を偲ぶ場として提供されています。
通夜振る舞いへの参加は必須というわけではないからこそ、自分が参加するべきどうか、どのような基準で判断すればいいのかわからず悩むという人も多いのではないでしょうか。
通夜振る舞いがある場合には、スタッフや喪主からその旨のアナウンスがあります。
参加する範囲内であればその指示に従う様にしておきましょう。
範囲外であった場合でも、故人や遺族との関係性が深い場合だったり、遺族から参加を請われた場合ならば参加しておくべきです。
参加した際には、食欲がないというときでも必ず箸をつけましょう。
お箸をつけることが供養になるとされているので、一口だけでも食べることがマナーです。
あまり長居しすぎないようにし、タイミングを見計らって席を立つことも大切です。

Page Top