前へ
次へ

一般的な喪服が常識でないときもある

お葬式に参列するとき、喪服を着ます。
喪服がない人なら学生服であったり、色の濃いスーツや洋服などを着ます。
男性の社会人なら白いワイシャツに黒いネクタイが定番とされています。
日本では仏教式で行われることが多いので、このスタイルならほぼ間違いないでしょう。
でもこれが常識外れになるときもあります。
お葬式に着る服装として白服が一般的とされる宗教もあります。
参列している人は全員白い服に身をまとっているので、黒い喪服を着ていくとかなり目立ちます。
知らないとはいえ、かなり場違いに感じるかもしれません。
かなり珍しい状況にはなるでしょうが、事前に宗教の確認はしておきたいです。
御香典の袋も宗教によって異なるとされています。
もしその宗教に合わない御香典袋でもって言っても受け取ってもらえないこともあります。
同じ仏教内でもしきたりが違うこともあります。
今はネットでそれぞれの宗教の作法などが調べられるので、宗教さえ分かれば何とか対応できます。

Page Top