前へ
次へ

通夜振る舞いの料理の内容や手配について

通夜式の後には参列者をもてなすためや、個人を供養する意味から通夜振る舞いが行われる地域が多いです。
本来は精進料理で、肉や魚は避けられていましたが、近年ではしきたりにこだわらないケースが増えており、と寿司やお刺身などが出ることもふえました。
それだけではなく、手軽につまめるサンドイッチやオードブルなどを大皿に盛ってもてなすということもあります。
一昔前は夜更けまでの酒宴になることも珍しくはありませんでしたが、翌日には告別式なども控えていることから、近年では一時間から二時間程度で終わることが大半です。
一昔前は手作りしていましたが、大変ということもあり、通夜振る舞いの料理の準備は、葬儀社に手配してもらうことが大半となっています。
その場合は人数を予想して葬儀社に依頼しなければならないので、ある程度の人数を予想しておくと同時に、少し多めに依頼しておくようにすると、万が一参列者が増えた時に焦る必要もありません。

Page Top