前へ
次へ

通夜式の通夜振る舞いのマナーについて

葬式に参列することは、長い人生の中では何度か経験することという人が多いですが、そう頻繁に参列するものではないという人が大半です。
そうなればいざ参列するとなった時に悩むのはマナーではないでしょうか。
近年では通夜式に参列し、告別式には参列しないというスタイルが一般的になりつつあります。
通夜式は告別式に比べると、堅苦しさが少ないということは確かですが、マナーには十分気をつけておく必要があります。
その中の一つとして気をつけておかなくてはならないのが、通夜振る舞いです。
地域によっては行われないこともありますが、通夜振る舞いの声をかけられた際には、できる限りに参加するようにしましょう。
供養する意味にもなるからです。
その際には食欲がなくで必ず箸はつけるようにしておく必要があります。
箸をつけずに帰ることは、マナー違反となってしまいます。
あまり堅苦しく考えるべきではありませんが、最低限のマナーは守るようにしましょう。

Page Top